ホームページを作ろうと思っている人たちへ

ホームページを作ろうと思っている人たちは少なからず居ると思う。 そういう人たちに直接、今から書き出すようなことを言ったとしたら、ほぼ確実に 煙たがられるのは目に見えている。 でも、本来はホームページを作ろうと思うならば以下のことは気にすべきなのだ。 つまり、W3Cの仕様書の基本方針を理解することと、見た目のレイアウトに囚われて しまわないようにすること、この二つだ。要するにレイアウトなんかよりは遥かに 重要な要素があり、それをこなしたうえでレイアウトという自由があるということに 尽きるわけだけど。

Webページはとりあえず知ってる人何人かが見ることが出来たら大丈夫、 というようなものじゃない。Webページ、HTMLには仕様が厳然とある。 ところが多くの人は、とりあえずWebページを見て読めて、自分のセンスを ひけらかせればそれで問題ないと思っている。 確かに、文字コードの指定がないから文字化けする人がいたとしても、 そんなのは些細な例外で、標準的な環境じゃないのが悪いといえないことも ないのかもしれない。(実際は、モバイル環境が増えてきている現在こそが HTMLの仕様を厳密に掬い取らなければならないのだけど) だがそれはWebページとは呼ばないし、HTMLでもない。 たかだかMetaタグを数行描くのが、そんなに面倒ですか? brタグの代わりにPタグを使うのがそんなに気持ち悪いですか? フレームってそんなに重要ですか? 問題を言われたらいちいちそれに応えて、応急措置的な、より意味不明な ソースに書き換えるよりは、最初から正しいソースを書いて、問題を言ってきた側に 「そちらの環境に問題があるんじゃないでしょうか」といえる方が健全だと思いませんか? せめてLintで致命的なミスがなくなるくらいには、直しましょうよ。 ブラウザごとに動作が違うのだって、大抵は基本仕様に反ってないアクロバティックな ソースを書いてる場合が殆どだ。それでもIEは酷いけどね。

何も、W3Cの基本仕様を原書で読みなさいとはいいません。僕だってそんなことしたことない。 ただ、調べればWebページの基本理念なんてのは幾らでもでてくるはずなのです。 それを何故しないのかといえば、単純にそういうものだと知らなかったか、 あるいは面倒くさがりだからです。 そしてあなたのHPなど、そういう面倒くささでいい加減に作られたものに過ぎないのです。 そういうものを、人に堂々とみせてるわけです。だから自覚がないと、思うんですけどね。

そしてレイアウト、である。背景に対して文字が読みづらい配色とか、明度の高い強烈な色(水色やまっ赤など)の 背景を使っているなどというのはもちろん問題外なのだが、何より多くて 腹が立つのは、文字の大きさを小さくしてる人、あるいはピクセル指定してる人だ。 文字というのは人によって読みやすさがまちまちなので、単位はemか%で 指定すべきである(理想は%だといわれてるが、別にどっちでもかまわない)。 モニタの大きさや目の状態によって、標準的な文字のサイズを変更している人は 結構居る。 それなのに、自分の環境のしか頭になく安易にptやpxで指定するのは、恥知らずだとさえ思う。 ピクセルやpt指定であっては、相手の指定のサイズを無視して、文字のサイズを 強制することになる。 確かに、文字は小さい方がいかにも整った印象を受ける。 文字を小さくすると、レイアウトがよくなったような錯覚に陥る。 だがそれが表面的で、うすっぺらだと僕は言いたいのだ。 本当に相手のことを、読む人を思えば、一瞬の錯覚と、数分から場合によっては 一時間を越える読む作業のしやすさ、どちらが大事かと尋ねたい。 文字を小さくしなければさまにならないなら、所詮あなたのセンスなど その程度なのだ。だったら読みやすい方を選びなさいよ。

そもそも、Webページは1ピクセルずつ色を指定して形を作るような『画像』ではない。WebページはHTMLという仕様にのっとった 一つの固有の文化であって、何でもありにレイアウトが可能な センスのひけらかしの闘技場ではない。 美というものを考えると、それはそこで暮らす人たちの文化の営みに付随するものであると思う。 そのとき、Webページという文化から逸脱して、表面だけよその文化をなぞるなり することが価値あることとされるのであれば、寂しいと思う。 むしろ、Webページの基本的な仕様を活かしたデザインの方が、遥かに美しく ないですか? 画像をべたべた貼って、推奨されてないフレームやテーブルタグをつくって、無意味な1クリック強制するタイトルページおくことの方が美しいのでしょうか? 僕は、そうは思いませんね。

理想的には、スタイルシートを解除した状態であってもすっきりと明瞭な レイアウトになっていて、そのページの構成がはっきりとわかることだ。 その上で、スタイルシートを用いてデザインを考えるのは自由だし 個性を表現する場と見なしてもかまわないと思う。 そういうものとしてW3CはHTMLの仕様をつくったのだから、その営みに のってみたらいいと思う。

具体的な指導

以下に、よくある誤用を記す。もちろん一番手っ取り早いのはLint にふるいをかけて、ミスを洗い出しながら勉強することだが、あまりにも厳密に過ぎるので 最低限気にしてほしいことを描いておく。

マークアップとはなにか

HTMLの基本的な理念は、マークアップです。 文章には属性があります。簡単に言えばタイトルとかリストとか段落とかです。 そういうものに「これはタイトルですよ」「リストですよ」と属性の説明をつけることが マークアップです。 究極、表示される全ての文章はマークアップされていなければなりません。 例外は認めません。 fontタグが駄目なのも、fontで囲まれた文章が属性として何の意味があるのかが まったくわからない、ということにあります。 些細なことに思えますか? それなら視力を失って音声読み上げブラウザを使ってる人を想像してみなさい。 それでもまだ「些細」と思えるなら、あなたはその程度の人なのでしょう。

何故テーブルタグを使うべきではないのか

何故って、そもそもテーブルタグは表を作るためのものですよ? もちろん表をつくりたいからテーブルタグを使いたいなら使えばいい。 問題は、9割以上があきらかにレイアウトのために使ってることなのです。 もちろんマークアップとしては意味不明だし、視覚障害者向けの音声読み上げブラウザ では意味不明な表現になるであろうことは容易にわかります。 何より、テーブルタグほどめんどくさくて管理しづらいタグってないと思うんですけどね。

何故フレームを使うべきではないのか

ここを 見ればわかるでしょう。まだわからないなら「フレームの弊害」で検索してみなさい。 なぜ、YahooやAmazonはフレームを使わないのでしょうか。 少し想像してみればわかるでしょう。 はっきりいえば、フレームサイトには利点がないのです。 更新が簡単とありますが、むしろフレームサイトほど更新が煩雑になりやすい 機能はなく、直感的に誰でもわかる普通のカラム構成の方が 更新は楽です。まぁコンテンツ増やしたときにいちいち全ページ書き直すのは たしかに物凄く面倒なのですが、全ページにカラムをつける必然性はないでしょう。 無駄にリンクを貼りまくることこそありがた迷惑であり、近接したページと関係あるページと トップページにさえリンクがあれば何の問題もないのです。 Blogなんかの安易なカラム構成のせいで、リンクをべたべた貼るのが親切だと勘違いする人が 増えてるようですが。