投稿日:

『東方天空璋』の内容を予想する

東方天空璋の頒布が予告された。うまくいけば例大祭に体験版が、C92で本編が頒布されるらしい(ここまで情報出したと言うことは目処がついたということだろうから楽しみ)。

さて憑依華での投稿に続き、天空璋の内容の予想である。一つ言っておかないといけないのは、僕は事前から「上海アリスの新作は地獄が舞台であろう」と散々いっていた。蓋を開いてみると「空」をテーマとしているようで、見事に真逆に外したことになる。

だがしか~~~し、まだまだ「地獄」がテーマであることを諦めてはいない!むしろ今回の発表でより「地獄のキャラクター」がテーマである可能性は高まったと思っている。

そんなわけで、現在予測可能な線を考えて見よう。
続きを読む 『東方天空璋』の内容を予想する

投稿日:

Q.東方キャラって何人いるの

東方キャラは今何人いるのか?という質問はたまに話題になるが、あんまりちゃんと数は知られてない。

というのも「数ってどこからどこまでか」というのが難しい。多くの人は大妖精や小悪魔は数えたいと考えるだろうが、雲山や上海人形や易者やひまわり妖精はどうなんだろうか。レイラとかどうなんだとか。というわけで「モブ」をどこからどこまでと考えるか難しい。易者はだめで、本読み鳥妖怪はOKな基準なんて男か少女かとかそういうレベルの話になるし。でも本読み妖怪はたまに見るので、一応いれておく。主観まるだし。

答えは紺珠伝までで99人、旧作いれると125人である。数えてみよう。

  1. 博麗霊夢
  2. 霧雨魔理沙
  3. ルーミア
  4. 大妖精
  5. チルノ
  6. 紅美鈴
  7. 小悪魔
  8. パチュリー・ノーレッジ
  9. 十六夜咲夜
  10. レミリア・スカーレット
  11. フランドール・スカーレット
  12. レティ・ホワイトロック
  13. アリス・マーガトロイド
  14. リリーホワイト
  15. ルナサ・プリズムリバー
  16. メルラン・プリズムリバー
  17. リリカ・プリズムリバー
  18. 魂魄妖夢
  19. 西行寺幽々子
  20. 八雲藍
  21. 八雲紫
  22. リグル・ナイトバグ
  23. ミスティア・ローレライ
  24. 上白沢慧音
  25. 因幡てゐ
  26. 鈴仙・優曇華院・イナバ
  27. 八意永琳
  28. 蓬莱山輝夜
  29. 藤原妹紅
  30. 伊吹萃香
  31. メディスン・メランコリー
  32. 射命丸文
  33. 風見幽香
  34. 小野塚小町
  35. 四季映姫・ヤマザナドゥ
  36. 秋静葉
  37. 秋穣子
  38. 鍵山雛
  39. 河城にとり
  40. 犬走椛
  41. 東風谷早苗
  42. 八坂神奈子
  43. 洩矢諏訪子
  44. 永江衣玖
  45. 比那名居天子
  46. キスメ
  47. 黒谷ヤマメ
  48. 水橋パルスィ
  49. 星熊勇儀
  50. 古明地さとり
  51. 火焔猫燐
  52. 霊烏路空
  53. 古明地こいし
  54. ナズーリン
  55. 多々良小傘
  56. 雲居一輪
  57. 村紗水蜜
  58. 寅丸星
  59. 聖白蓮
  60. 封獣ぬえ
  61. 姫海棠はたて
  62. スターサファイア
  63. ルナチャイルド
  64. サニーミルク
  65. 幽谷響子
  66. 宮古芳香
  67. 霍青娥
  68. 蘇我屠自古
  69. 物部の布都
  70. 豊聡耳神子
  71. 二ッ岩マミゾウ
  72. 秦こころ
  73. わかさぎ姫
  74. 赤蛮奇
  75. 今泉影狼
  76. 九十九弁々
  77. 九十九八橋
  78. 鬼人正邪
  79. 少名針妙丸
  80. 堀川雷鼓
  81. 茨木華扇
  82. 宇佐見菫子
  83. 清蘭
  84. 鈴瑚
  85. ドレミー・スイート
  86. 稀神サグメ
  87. クラウンピース
  88. 純狐
  89. ヘカーティア・ラピスラズリ
  90. 森近霖之助
  91. 本読み妖怪
  92. レイセン
  93. 綿月依姫
  94. 綿月豊姫
  95. 宇佐見蓮子
  96. マエリベリー・ハーン
  97. 稗田阿求
  98. 本居小鈴

というわけで99人。

次に旧作

  1. シンギョク
  2. 魅魔
  3. ユウゲンマガン
  4. キクリ
  5. エリス
  6. コンガラ
  7. サリエル
  8. 明羅
  9. 里香
  10. 岡崎夢美
  11. 北白河ちゆり
  12. 朝倉理香子
  13. カナ・アナベラル
  14. 小兎姫
  15. エレン
  16. オレンジ
  17. くるみ
  18. エリー
  19. 幻月
  20. 夢月
  21. サラ
  22. ルイズ
  23. ユキ
  24. マイ
  25. 夢子
  26. 神綺

というわけで(博麗靈夢は霊夢と別人とか、幽香やアリスを別に数えるか問題があるが、そのあたりは同一とすると)旧作は26人。

投稿日:

東方憑依華について予想

新作東方憑依華の開発が発表された。この件について今作までの流れを振り返りながらぐだぐだ予想でもしようと思う。(PS4版は踏み台云々の是非についてはこちらにかいたとおり、あんまよくはないし怒る人がいるのも仕方ないというくらいの態度)

シナリオ上の予測

今作の流れには既に幾つかの伏線が敷かれているので振り返ろう

続きを読む 東方憑依華について予想

投稿日:

東方の誤解されてそうな設定

もちろん自分もクソニワカなので誤解は多いと思うが、よく勘違いされてそうな設定を並べてみることにする

サグメは言ったことと逆の事が起こる

これは紺珠伝が発売された直後に散々いわれたことなので勘違いしてる人は意外と少ないかもしれないが一応。おまけtxtによると

何らかの事象に対して(特に関係すると思われる人物に向かって)口にすると、その事象は逆に進み始めるのだ。

とある。つまり発動条件はあくまで「サグメが口にする(言及する)」であって、言った内容の真偽がひっくりかえるという話ではない。わかりやすく言うと、たとえば去年みたいに誰がみてもソフトバンクが優勝すると思われるときに、ソフトバンクの選手にむかって「今年は優勝ですね」といおうが、「優勝できるわけがない」といおうが、優勝できない運命に転がってしまうというわけだ。

ただし…サグメの放った月の石は都市伝説というウソを現実化する力があり、「それって結局USO800じゃん」という感じはする。あと、上の設定はわかりづらいので二次創作では真逆がおこるってネタにするのは、僕個人はありだと思う。

橙は紫や藍と一緒に住んでいる

これはまちがい。

求聞史紀によると、橙の住処は妖怪の山であり普段は式神ではない(式神状態でなくても姿は変わらないらしい)。藍に遣われるときのみ式神がやどる妖怪猫として動く。普段は八雲一家として過ごしているわけではない。

慧音は大昔から寺子屋を開いていて、里の人間は爺さんの世代まで慧音に教えて貰っている

最近教えて貰ったけどこれも明確にまちがいらしい。文花帖で慧音の記事は「第百十七季(2002年)」とある記事に、歴史の学校を開くことを考えているという趣旨の発言がある。おそらくこれが「慧音は寺子屋の教師」という設定の初出であり、実際に寺子屋を開いていることは求聞史紀で確認ができる。つまり寺子屋で教えているというのは幻想郷の歴史においては少なくとも2002年以降ということになる。永夜抄時点では人間の味方であり、歴史を作る能力を持つことしか説明されていない(永夜抄のときにはすでに寺子屋を開いている時間軸の可能性があるが、いずれにせよ設定がでてきたのはその後)。

ちなみに慧音が寺子屋を開いた理由はあくまで「歴史を知ることで、人間が妖怪を追い出そうとするようなことを考えないようにする」ことであり、人間と妖怪のバランスを崩してしまうことはお互いに大変なことが起こるからだとされる(そこまで幻想郷の妖怪と人間のバランスを知っているのに紫のことは永夜抄まで知らなかったのは妙と言えば妙だが霊夢すらしなかったんだから)。

ならば寺子屋で教えてる内容はあくまで歴史だけということになりそうに思える。しかし『東方鈴奈庵』第三巻、19話において、子ども達が障子にかかれた文章は授業で習ったことが描かれているだけだよと霊夢に教えて、「国語とかー算学とかー」と答えている台詞がある。どうやら少なくとも歴史以外も教えているらしい(また慧音以外にも大人が居るので、保護者や大人の生徒という可能性もないじゃないが、慧音以外にも教師がいるという可能性は高い)

メディスンの横にいる小さい妖精のような人形がスーさんである

これは絶対にそうだという話ではないが、彼女がスーさんでない可能性は高い。

「スーさん。今年のスーさんはちょっと咲きすぎかしら?」
「今年は飛ぶ鳥を落とす勢いで咲いている。スーさん少しやり過ぎね。」
「(今年の鈴蘭が長く咲き続けてることを指して)これだけスーさんが長持ちする事なんて、あり得ないんだからね!」

少なくともスーさん=鈴蘭のことを指しているのは間違いない。ただ、鈴蘭畑を離れても小町戦ではスーさんに呼びかけるような言い回しをしているので、鈴蘭の何かが何らかの形で付いてきている可能性があり、となるとひょっとしたらあの人形は鈴蘭の妖精か何かという可能性もないではない。

こころは表情がないだけで無感情ではない

実はこれは議論の余地がある。作中の多くでこころは明らかに愉快でハイテンションなキャラなのだが、心綺楼のおまけ.txtにはこういう記述がある。

実は、安定していると殆ど感情を表に出さない。
何事にも興味を示さず、お面が必要とされる時以外はただひっそりと付喪神をしている。
その為、暴走しているときの方が人間くさいという者もいる。

つまり、こころはむしろ本来は無口系(かはわからないが、たぶんそういうイメージの)キャラなのだ。おそらく最も素のこころの姿が見られるのは鈴奈庵に登場したときのものと思われる。ただ、深秘録ではお面を失っていないのに心綺楼とたいしてかわわらないテンションになっている。オカルトボールにあてられたせいなのか、感情を学び感情が豊かになってきたからなのかは不明。

はたてはタメ口キャラである

体面を繕う文の丁寧語のしゃべり方に対して、はたてはラフなタメ口調なキャラと思われてるきらいがある。実際文に対してや、自分のとった写真へのコメントは文よりラフな口調だが、実のところ(おそらく文以外の、たぶん天狗仲間以外の)他人としゃべるときは、意外にも文と似たような口調をとっている。求聞口授に掲載されている花果子念報に、妖精大戦争についての記事があるが

「そうね、もう妖怪花見はお開きしましたが……。あっちに力を持てあました奴が帰っていきました」

と、チルノに対して喋っている。しかも取材中ではなく、花見をしてるときにチルノから話しかけられてということなので、別にチルノに対して取材対象だからという態度としてこういった口調をしているわけではないだろう。なので案外、はたても文と似たしゃべり方をするときはあると思っておいたほうがいい。

投稿日:

稀神サグメの能力について

あとあと紺珠伝から深秘録の事態については軽く纏める予定だが、その前に4面ボスの稀神サグメの能力について軽く触れておく。

サグメの能力は「口に出すと事態を逆転させる程度の能力」となっている。余りにも能力が抽象的かつ、致命的な印象があるのでこれだとサグメ本人は何も喋ることが出来ないのでは、という印象を受けるがどうやらそうではなくいくつかの条件が必要になっている。それは

続きを読む 稀神サグメの能力について