投稿日:

『君の名は。』の感想。よく出来てるがあんまりノれなかった。

いくつか『君の名は。』の評をみたが、割と近い感情(よくは出来てるけど自分はノれない)の内容を結構みたので、自分も整理のために感想を描く。ネタバレは割とする。

『君の名は。』にすんなりと感動できなかった僕について正直な感想を書いてみる

【感想】映画「君の名は。」で感動できなかった理由を考えた【結末ネタバレあり】

続きを読む 『君の名は。』の感想。よく出来てるがあんまりノれなかった。

投稿日:

シンゴジラの感想

ネタバレありとなしのそれぞれの感想。ネタバレありはpermalink以上のところにかきます。

ただ個人的に、世間で言われるほど「ネタバレしたら価値が薄れる映画」かといわれるとそんなこともないのではないかと思ってみていた。自分がすでにかなりの情報を聴いてしまっていた状態で見たからというのもあるのであまり客観的ではないし、びっくりするような要素は確かにあるはあるが、事前に知ってるからといってそれだけでダメというほどとも思わなかった。

結果からいえば面白かった。面白かったが、どうしても「世評的に沸騰した状態」なので「意外な良作!」という前提ではみられない。はっきり言って、東宝のゴジラ映画なんて今回のシンゴジラのような水準は求めていない。その水準からみれば「超すごい」のだけれど、世評の沸騰具合からすると人によっては「言うほどか?」と思われても仕方無い部分もあるとは思う。言っちゃえばゴジラ映画にありがちなケレンミというものは、今回の作品にもあり人によっては「幼稚」と感じかねない。感じかねないが過去のゴジラ映画でもよくあった要素だらけなので、今更それをいうのはという印象もある。なので、「ゴジラ映画の枠を超越した作品」とまでいうのは違う気がしている。

ネタバレ感想行く前に「ゴジラ映画全体を通して、今回のゴジラの意味」はどの辺りにくるだろう?というと難しい。やはり(否定してる人も若干いるが)3.11の天災の象徴といった趣で作られているのは違いないと思う。それに今回は、どちらかといえばゴジラより「ゴジラと戦う人達」の方に重きが置かれてると思う。そういえば、なにやらツイッターで以下のようなツイートがRTされまくっていた

記者「シンゴジラは原発問題や日米安保、現在の政治体制への痛烈な批判が込められて作られていると思うのですがどうお考えですか」
製作者「そんなことは考えなかった」記者「では何を考えてお作りになったのですか」
製作者「ゴジラのことですよ」

現体制への批判ととるかはともかくとして、政治色を考えてないというのはちょっとウソだろうに、こういうのをRTしてしまう人達がおおいのこそ「政治的」な気がする。普通にみて、3.11を意識してないわけないでしょう?もちろん「庵野はウルトラマンオタであって、エヴァに深い意味をとるのは釣られてるだけ」みたいな文脈も同時に呼び寄せてるわけだが。

話がずれたけれども、要するに今回は「通常の国家の編成で倒せないものを倒すにはどうしなくてはいけないのか」といった人間サイドの方が重要になっている。これ自体はゴジラ映画全体に貫徹しているテーマでもある。ゴジラの存在の意味そのものはあまり考える余地がないというか、どちらかといえば「クリーチャー」といった印象が強いのも事実。

以下、ネタバレ含む感想

続きを読む シンゴジラの感想

投稿日:

2014/05/13の日記

例大祭から帰ってきた。
例大祭前日から7キロほど歩いてたのに、さらに例大祭開催前後でも一日7,8キロ以上あるいてたので結果的には四日間で30キロ以上は歩いたんじゃないか。もう脚がきついのなんの。オフで誘っていただいたみやびさんはじめとするオフの方々ありがとうございました。脚が回復したら走って身体をつくりなおします。
##読書

Appleのデザイン担当で現副社長でいいんかな、そのジョニーアイヴの伝記。とりあえず20%まで読了。大学にいながらタンジェリンというデザインコンサルタントやってる企業に入社し、日本の企業のペン(たしかぺんてるだった気がする、検索してみたが80年代ということもありどれかわからず)や浴槽のデザインもやっていたらしい。だがコンサルタントという企業には当然のことながら制約があり、イノベーションを好むジョニーにはフラストレーションが溜まっていましたと。んで当時、新しいデザイン言語を模索していたAppleのBrunnerが世界各地のデザインチームを探していた折に、タンジェリンのデザインが目にとまりジョニーがヘッドハンティングされたのだと。ちなみにタンジェリンは今もデザインやってるらしい。ジョニーがカリフォルニアにきた27歳ごろあたりまで。これが91年頃らしいので、当然ながらジョブズはNeXTに居る頃ということになる。ジョニーのAppleでの明確に表にでた最初の仕事って、20th アニバーサリーMacじゃなかったっけぇと思ってたが、Appleに雇われた前後ではタブレットやインテリジェントキーボード(自身にCPUなどが埋め込まれた独立キーボード)もやってたらしいが。さてさて。
##映画
全然みられてない。ごくごく最近みたのがジャンゴだった。

ジャンゴ 繋がれざる者 [Blu-ray] ジャンゴ 繋がれざる者 [Blu-ray]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2013-12-20
売り上げランキング : 1116

Amazonで詳しく見る by G-Tools

実はタランティーノ見たのこれが多分はじめて(かなり前にキルビルみた覚えもないじゃないけど何も覚えていない)。いやー面白かった、テーマとして深刻な差別問題を扱っているのだから相当深刻な方向に行き始めそうなものを、異様なほどベタな音楽の使い方でわざとおどけてみせるあたりの感覚は悪く捉える気がしない。
予定ではスパイダーマンをまとめて見る予定。あとはキャプテンアメリカは一応見ないとなぁと。原作ファンには評判わるいようですね。
##音楽
こちらもあんまり聴けてないな。最近久々に邦楽で買ったのはきのこ帝国

ロンググッドバイ ロンググッドバイ
きのこ帝国

DAIZAWA RECORDS/UK.PROJECT 2013-12-03
売り上げランキング : 6610

Amazonで詳しく見る by G-Tools

グループ名が露骨に「ゆらゆら帝国」を意識したとしか思えない名前で距離をとっていたけれど、どちらかといえばフィッシュマンズぽい。シューゲーイザーなわけだが歌謡曲的なフォーマットにはのっとっている。最初は割といいんじゃないかと何度か聴いてたけれど、フィッシュマンズっぽい歌謡曲への距離のとりかたでシューゲイザーをやってる、悪くいえばそれ以上の印象には至っていない。それで十分じゃないかといわれたらそうなのかもしれないし、未だに邦楽に対して過剰にハードルを揚げてる気もする。難しい。
そういやSwansがまたピッチでベストとってたけれどどうなんですかね。spotifyで流れたら確認しようかと思ってます。

投稿日:

The Coveみた感想

ちょうぜつ今更。
ちなみに僕は多分、動物愛護よりの政治主張の立場だと思う。ただ、こういう問題はそもそも当事者達が自分たちの持ってる数字で論じるべきことだと思うので、僕はこの問題についてどちらが正しいとか、ねつ造であるとする証明はできないし、すべきじゃないと思う。なので僕はこの問題の真偽についてどうこう言うことは出来ない。

続きを読む The Coveみた感想