Posted on コメントする

Orbital2についての簡単なレビュー ~将来性はある気がするのだけども

Makuakeというクラウドファンディングサイトで2017年10月ごろ紹介されていたデバイスで、Brain Magic社のOrbital2という左手デバイスがある。よさそうだと思ったので、僕も即座に金を突っ込んで、6月12日に手元にとどいた。3月に届く予定とのことだったが3ヶ月遅れたことになる。とはいえこの手のにしては早いとさえ思うので問題はない。ただし2万7800円というかなり高額な値付けはなかなかのもの。で、簡単にレビューしてみよう。

どういうデバイスか

Orbital2の写真

Orbital2は先にも描いたとおり左手デバイス系。左手といいつつ、左右対称なので入力補助といったほうがいいか。

左手デバイスには大きくわければ二つの入力系統がある場合が多い。一つは誰でもしってるがスイッチやキーで、単純に押すことによって何らかのショートカットを行う。もう一つはホイールやジョグダイアルなど、まわしたり捻ったりすることで入力の加減が可能なもので、僕は数値変更系とか呼んでいる。これは数値変更系にあたり、上の握り手の部分がホイールのように回転するようになっている(公式の呼び名はオービタルエンジン)。

有名どころだとPowermateや最近一般発売にこぎつけたRev-O-mateがあるわけだが、これらとの違いは何かというと「持ち手のレバーを傾ける方向によって、数値変更したい機能を変更できる」ということだ。

たとえば右に傾けると「キャンバスの拡大縮小」、下に傾けると「ブラシのサイズ変更」、上に傾けると「キャンバス回転」…などといった使い分けができる。Powermateであれば「普通にまわす」「押し込みながらまわす」によって二つの機能しかないところが、これは最大8方向に割り当てることが可能なので8つの数値変更が可能になる。

さらにこのスティックの周辺のベゼル部分も8方向のスイッチになっている(公式での呼び名はフラットリング)。

というわけで「8ボタン」のスイッチと、「8軸の変更可能なダイアル」のついたデバイスだ。

続きを読む Orbital2についての簡単なレビュー ~将来性はある気がするのだけども

Posted on コメントする

タブレット用の改造・無段階キックスタンドケース

iPadPro10.5を買ったわけだが、キックスタンド/ケースをどうするかという問題に突き当たっていた。調べて見るとわかるが、iPadというケースが多い製品でありながら「無段階キックスタンド」を実現しているケースはほとんどない。スタンドがついてるのは極端な防護ケースだったりする。

続きを読む タブレット用の改造・無段階キックスタンドケース

Posted on コメントする

自分のPCのSSDスピード記録

個人的な記録。

そろそろPCを新調するので、その前に各種ストレージのスピードの記録を貼っておく
使用したのはCrystalDiskMark 6.0.0 x64である。

外付けHDD

外付けHDDのスピード

3GbpsSATA時代のSSD(自分の初代のSSD)

自分の最初のSSD

6GbpsSATA時代のSSD(自分の二代目のSSD)

M.2のSSD(960Evo)

M.2SSDのスピード

感想

まぁそれぞれそんなもんかという印象というか、スペック通りな気がする。買った直後にとった記録は失ってしまったが、どれもそれほど遅くなったという印象もないので意外ともつものだ。

初代SSDは3GbpsSATA時代のものだった気がするので、まさにその時代通り。そして二代目も、6GbpsSATA時代のものなのでその通りという印象。

二代目はおそらく次のサブとして流用、今サブとして使ってる初代は恐らく引退してもらう感じになるかな。長らくお疲れ様でした。次のは960EVOなので3000MB/s近くでることを期待してる。

(追記)そして新マシンのM.2のものせといた。さすがにはやい、はやすぎる。電光石火という感じ。ライトが落ち込んでるのが気になるが960EVOだしこんなもんなのかな?

Posted on コメントする

ClipStudioPaintのPCとiPad版のファイル同期について

大変めでたいことに、Clip Studio PaintのiPad版がリリースされることになった。月額制がきついとか、iPad一人勝ちがより強固になってしまったとか、まさかここまでPC版をなぞるUIと機能とはおもわなんだとか、いろいろな点はあるわけだけれどなにはともあれiPad版をみんなで楽しく使いましょうというわけで、ファイルの同期について。

せっかくPCの作業をiPadで続けたり、iPadから下書きをかいてPCで作業を続けたりという方法が現実的になってきたわけで、うまく作業ファイルをシームレスに同期できれば素晴らしいわけだ。その方法はCLIPそのもののクラウドサービスを使う方法と、外部クラウドサービスなどを使う方法があるので確認してみる。

続きを読む ClipStudioPaintのPCとiPad版のファイル同期について

コメントする

X-keysの買い方、使い方についての簡単なまとめ

X-keys Jog and shuttle
X-keys jog and shuttleの写真

据え置き型で、サイズにそれほどの制限がないならば、「左手補助入力」で最高のデバイスはX-keys Jog and Shuttleであるというのは強く主張していきたい。なぜ最高かは以下の理由による。

  • 二軸のホイール系の回転機構がついている(ジョグとシャトル)
  • ボタンの数がとにかく多い
  • キーブロッカーズというオプション品をはめこめば、写真のように不要なキー部分は平らにできる
  • ハードのメモリに割り当てを保存できるので、一旦割り当てればドライバや常駐ソフト類不要
  • AHKなどのスクリプトソフトと連携が可能
  • 押し下げ時と押し上げ時に別の割り当てが可能
  • 左右対称なので左利きにも対応可能
  • メンブレンだがG13ほどキーが安っぽいというほどでもない

というわけで、ドライバもハードの柔軟性も最高レベルで、使う人を問わない。最高といえるわけだが、欠点もある。でかいってことと、値段と入手の難しさだろう。日本のAmazonではそもそも売ってないし、売っててもぼったくりのような値段が多い(まぁこんなもん大量には売れないし仕方ない)。

米Amazonでは日本への発送をおこなっていないので、B&Hが少しやすめでかつ日本への発送も対応してるのでオススメだ。オプション品(キーブロッカーや長いキー)もどちらでも販売してるので一緒に買っとこう、たかが6ドルだ。もちろんAmazonのが安心できるなら、輸入代行業者を使うという手もあるが、手数料分ちょいと高くなるかも。

どっちにしろ輸送費で5000円くらいはとられるだろうから、実質3万円をオーバーするので安くはない。安くはないが、ほぼ完璧な仕様だと思うので悪くないんじゃなかろうか。

というわけでみんなも買い支えてくれ。日本でも入手しやすくならんかなぁ。

Posted on コメントする

X-keysはHardwareモードで使おう(シャトル部分のスクロール割り当ても)

X-keysのドライバーは本当にクソってのは散々言ってきたわけだが、しかしX-keysにはこの「ドライバがクソ」というのを回避できる素晴らしい策がある。X-keysにはハードにメモリがあり、常駐のドライバなしでも設定したキーを吐いてくれるのだ。

この点わかりづらいのでもう少し解説するが、X-keysのドライバーであるMacroworksにはSoftwareModeとHardwareModeの2つがある。これは全く別々の割り当てで、片方に割り当てればもう片方も同じ設定になるわけではない。つまりHardwareモードを使いたいのであれば、Hardwareモードを選んでから割り当てる必要がある。

SoftwareモードはドライバであるMacroworksが常駐している状態でないと働かないが、Hardwareモードは設定後はソフトは常駐していなくても大丈夫になる。その代わり、Softwareモードの方が高度なマクロを組めるというアドバンテージがある(なのでSoftwareモードの割り当てをそのままHardwareモードにコピーなどは出来ない)。

が、しかし「マクロは別にAHKで組めば良い」のである。どー考えてもAHKの方が柔軟で、なおかつ安定もしている。更に言えばX-keysのいいところは(PowerMateなどと違い)AHKとほぼ完璧に連携できるところだ。最初から高度なマクロな割り当てなど別にX-keysのドライバに期待する必要はない。

続きを読む X-keysはHardwareモードで使おう(シャトル部分のスクロール割り当ても)

Posted on コメントする

moto360を買ったのでスマートウォッチについて考える 2

moto360_sample02.png
AndroidWearそのものや、moto360そのものは前回の記事参照。
スマートウォッチって結局必要だと思うか?といわれたら、少なくとも使ってる限りには現状「それはない」だ。新製品ではなく安売りの第一世代をわざわざ買った時点でわかるだろうが、あくまでおもちゃとして買ったし、その印象はやっぱりほぼ正しいと思う。つくりが安物かといえばそこまででもないと思うが、出来ることが数万円のレベルかといえばまずそれはない。

じゃ、今後「数万円出す価値があるものになるか?」ということなんだが…

続きを読む moto360を買ったのでスマートウォッチについて考える 2

Posted on コメントする

スマートウォッチ(moto360)を買ったのでスマートウォッチについて考える

moto360_sample01.png
この時期だと第二世代だと思われそうだがそうじゃなくて第一世代のもの。なので、今更moto360のハードとしての詳細なレビューを今になって自分がする必要は全くないだろうから、軽い印象に触れて、それより「スマートウォッチってどう思うよ」ってのを自分なりにかいてみようと思う。

続きを読む スマートウォッチ(moto360)を買ったのでスマートウォッチについて考える

Posted on コメントする

スマートウォッチでアプリ切り替えるなんて冗談だろ?

スマートウォッチデバイスは流行るような流行らんような(たぶん流行らんような側)って感じだが、本命と目されたAppleWatchすらもバカにされてる。そらそうだって気はする。そもそもスマートウォッチでなぜアプリを使い分ける必要があるのか?

何にでもApple Watchアプリを作る必要はない | TechCrunch Japan

なるほど確かにAppleは苦心して、腕時計専用のアプリ一覧画面をつくったのかもしれないがあんなものはバカバカしすぎるに尽きると思う。スマートフォンでのホーム推移は簡単だ、単に下真ん中のボタンをおせばいいし、あとはスワイプで好みのアプリを選べる(Androidのサブランチャー等は無視したとして)。だがスマートフォンでホームボタンを押すストレスと、腕時計の側面ボタンを押すのは気軽さが違う。スマートフォンは持っていればかならず親指が画面の前にあるのだから移動は多少でいいが、スマートウォッチで画面を操作したり、側面ボタンをおしたりというのは面倒臭いにつきる。スマートフォンだって、よく扱うボタンが側面にあったら面倒くさいと感じるはずだ。なのになぜそんなことをするのか?

スマートウォッチの理想はGoogle Nowのような、統合されたサービスを一方的に押しつけて、見る側はそれで満足というタイプのものでしかない。それ以外はいみがない。たとえばリマインダーを見る分にはスマートウォッチもいいと思うが、リマインダーの登録はスマートフォンからやるべきだ。基本的にスマートウォッチは受け身なデバイスだと思う。「こういうことも出来る」という言い分でむりやりスポーツトラッカーとしての機能を持たせてる者も多いがこれもいらない。健康を気にしてセンサーが欲しいなら高級デバイスである必然性はない。

そんなわけで、スマートフォンを小さくしただけのApple Watchには実にがっかりした。結局スマートウォッチはただの通知デバイスであってそれ以上ではないと思う。

Posted on コメントする

X-keys + shuttle Pro2 が素晴らしい

以前から勝手に押してたX-keys jog&shuttle(以下X-keysJS)であるけど、メインは未だにロジのG13から変えられない日々を送っていた。まぁ実際のところスティックでの入力って案外楽だってところがあったのだ。もう一つX-keysJSには大きな欠点があって、ジョグホイール部分に指を引っかけるところがなくて、微妙につかいづらかったのだ。
だがなんと、あのジョグホイール機構では最高峰といえたShuttle Pro2のジョグホイールと、差し込み口が全く同じことが判明!ためしにつけてみると
lefthand03.png
おおおお
使いやすい
めちゃくちゃ使いやすい!!
Shuttle Pro2のあの指のかかりやすさ、X-keysの自由なボタンのリプレイス、両方があわさり最強に見える。
見えるというか本当に使いやすい。この配置なら親指と人差し指の中間にあるので、指の移動量も最小に抑えられてストレスがない。
ちなみにPowermateのツマミ部分も、何気にサイズはぴったりおなじなので、元のX-keysJSのジョグ部分に両面テープではっつけることで再利用できたりする。ただジョグ部分を若干浮かせないと、下のシャトル部分が指に引っかかったりしてややまわしづらいが。
何にせよ、ドライバが比較的安定してきたのもあって(比較的で、確実ではないが)正直これ以上の使用の左手補助入力って考えづらいレベルに改良されたと思う。しかもこれは左利きの人でも使えるぞ。みんなも買おうね!