投稿日:

「二次創作作品利用の権利」をライセンス化したらどうなのか

ファンコミュニティで作られる二次創作作品のほとんどは、二次利用の権利をもっていない。権利的にはほぼアウトといっても良い。だが現実にはそういったものが多数存在しているし、その評価はさておいてファンのコミュニティは明らかに「ある程度までは」公共性が認められている。公共性とは要するに、「そういうものがあってもいい」という視線は一応、それなりには存在するということだ(認められないという立場があることも重々わかる上で)。

で、ここで問題なのは「二次創作作品はどういう形で利用許可が出せるのか」という話。というのも、たとえばキャラクターを使った創作であった場合、二次創作者はキャラクターの権利を持っていないので自分の作品を他人がどう利用するかの許可を出せないということがある。

たとえばドラえもんのファンコミュニティがあったとしよう。

Aさんはドラえもんが好きな絵描きで、ドラえもんの絵をいくつも描いている。Bさんはドラえもんの動画イベントをやりたいので、告知用にイラストを利用させてもらいたいとAさんに連絡した。多くの場合、Aさんと同じ立場の人は許可を出すことが多いと思うし、こういったやりとりは普通のことだ。でも冷静にかんがえると、ドラえもんのデザイン1)著作権にはキャラクターの著作権なるものはないということになっている。どちらにせよキャラクターはたとえば絵などの具体的な表象物に著作権が認められ、保護される。ポパイネクタイ事件を参照。はそもそもAさんの著作物ではないのだから、そのドラえもんというキャラクターの利用を許可を出せる立場にないのだ。だとしたら、Aさんは自作の絵の利用許可をBさんには出せないということになる。

多くの人はこんなことは問題ではないんじゃないか、と考えるかもしれない。だってAさんは最初から「権利を持たずに」ドラえもんの絵を描いて公表しているのだから、Aさんは最初からアウトなことをしている。Aさんは最初から勝手なことをしているのだから、許可を出すのもAさんの勝手なことでしかない。しかし繰り返すが、「二次創作がある程度黙認されている」という状況に同意をするのであれば、アウトとまでは言い切れないという立場もありうるし、最近のコミュニティではそういったことでの諍いがたまに出てくるようになったと思う。

ゆっくり霊夢の著作権者は誰か問題

こういった諍いで象徴的だったのがゆっくり霊夢問題だった。

ニコニコにおいて「ゆっくり霊夢」という素材を、素材製作者が利用の制限を書き加えたことから誤解が生まれ、騒動に発展したことがあった。詳細はニコニコ大百科などにも描かれている。ゆっくり霊夢はニコニコ動画や派生動画などで、解説や実況をアバターとして行うキャラクターとして長らく利用されていた。K氏はゆっくり霊夢の流通していた絵に、口パクなどのアニメーションの差分を作り、より動画で使いやすい素材にしていた。

ところが元のイラストの製作者の規約に準じ、K氏が一時的な利用の制限を書き加えることによって誤解が生まれ、「ゆっくり霊夢の著作権をK氏が独断で主張した」という理解が広まってしまった。誤解した動画や、まとめブログなどの悪質な煽り記事見出しなども誤解を煽り、K氏に対するバッシングが苛烈に高まることになる。

この件はゆっくり霊夢のイラストを描いていた、まそ氏の準拠に従うための混乱であった。ゆっくり霊夢のイラストはAAイラスト化計画においてかかれており、まそ氏自身も二次権利著者であるため、自身のイラストの自由な利用に制限を設けていた。それに従うため、K氏は自由な配布に一時的に制限をかけざるえなかったというわけである。

まそ氏にせよ、K氏にせよ、彼らは自分の著作権を主張したわけではなく、「借り物なので、自分の裁量において自由に使用してもよいとは言えない」という立場にあるのだ。

この件は結局、まそ氏へ直接連絡がいくことで、各段階で「権利を主張しない」ことを確認して自由な使用が再び許されることになった。

以上から学べること、二次創作向けの著作権表示が必要という話

二次創作者にも勿論著作権はあり、東方や艦これなどの「二次創作に許可が出ている著作物」以外のものであっても、二次創作には著作権が存在する。しかし一方で、コミュニティにおいては「二次創作物」の需要がどんどん高まっており、その使用範囲の曖昧さは衝突の火種になりつつある。

もちろん、グレーであることの良さというのもあるし、同じコミュニティにいるのであればそれは空気として判断すべきだという立場もありうる。それはそれで理解できる。

しかし「二次創作者にも権利があるというのがはっきりしているのなら、その使用権の『二次創作者が明示できうる限り』の明示」があっても良いのではないかと思うがどうだろうか?

具体的には「この著作物を原作者や関連権利者の権利に従う範囲において、自由に利用してよい」という明示だ。原作者の権利を反故にはせず、しかしその範囲においてだったら自由に使ってもよいという明示は、コミュニティの人々に著作物の使用を円滑にできる可能性があると思う。

なんとかこういうライセンスの明示が可能にならないか…と考えているがどうだろうか。僕自身はPixivなどへも著作権の明示、とくに二次創作物の特殊な権利明示について要望を行ったが、今のところあまり気の良い返事はもらえなかった。もし可能なら、少しずつでも草の根でこういった考えが広まるように何かしらやっていければと思う。

References   [ + ]

1. 著作権にはキャラクターの著作権なるものはないということになっている。どちらにせよキャラクターはたとえば絵などの具体的な表象物に著作権が認められ、保護される。ポパイネクタイ事件を参照。
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください