投稿日:

Orbital2についての簡単なレビュー ~将来性はある気がするのだけども

Makuakeというクラウドファンディングサイトで2017年10月ごろ紹介されていたデバイスで、Brain Magic社のOrbital2という左手デバイスがある。よさそうだと思ったので、僕も即座に金を突っ込んで、6月12日に手元にとどいた。3月に届く予定とのことだったが3ヶ月遅れたことになる。とはいえこの手のにしては早いとさえ思うので問題はない。ただし2万7800円というかなり高額な値付けはなかなかのもの。で、簡単にレビューしてみよう。

どういうデバイスか

Orbital2の写真

Orbital2は先にも描いたとおり左手デバイス系。左手といいつつ、左右対称なので入力補助といったほうがいいか。

左手デバイスには大きくわければ二つの入力系統がある場合が多い。一つは誰でもしってるがスイッチやキーで、単純に押すことによって何らかのショートカットを行う。もう一つはホイールやジョグダイアルなど、まわしたり捻ったりすることで入力の加減が可能なもので、僕は数値変更系とか呼んでいる。これは数値変更系にあたり、上の握り手の部分がホイールのように回転するようになっている(公式の呼び名はオービタルエンジン)。

有名どころだとPowermateや最近一般発売にこぎつけたRev-O-mateがあるわけだが、これらとの違いは何かというと「持ち手のレバーを傾ける方向によって、数値変更したい機能を変更できる」ということだ。

たとえば右に傾けると「キャンバスの拡大縮小」、下に傾けると「ブラシのサイズ変更」、上に傾けると「キャンバス回転」…などといった使い分けができる。Powermateであれば「普通にまわす」「押し込みながらまわす」によって二つの機能しかないところが、これは最大8方向に割り当てることが可能なので8つの数値変更が可能になる。

さらにこのスティックの周辺のベゼル部分も8方向のスイッチになっている(公式での呼び名はフラットリング)。

というわけで「8ボタン」のスイッチと、「8軸の変更可能なダイアル」のついたデバイスだ。

続きを読む Orbital2についての簡単なレビュー ~将来性はある気がするのだけども

投稿日:

「二次創作作品利用の権利」をライセンス化したらどうなのか

ファンコミュニティで作られる二次創作作品のほとんどは、二次利用の権利をもっていない。権利的にはほぼアウトといっても良い。だが現実にはそういったものが多数存在しているし、その評価はさておいてファンのコミュニティは明らかに「ある程度までは」公共性が認められている。公共性とは要するに、「そういうものがあってもいい」という視線は一応、それなりには存在するということだ(認められないという立場があることも重々わかる上で)。

で、ここで問題なのは「二次創作作品はどういう形で利用許可が出せるのか」という話。というのも、たとえばキャラクターを使った創作であった場合、二次創作者はキャラクターの権利を持っていないので自分の作品を他人がどう利用するかの許可を出せないということがある。

続きを読む 「二次創作作品利用の権利」をライセンス化したらどうなのか