投稿日:

『東方文果真報』の感想というか雑談

とりあえず射命丸文というキャラについて確認しておきたいんだけど、文というキャラは「東方の書籍は真実を語るとは限らない」というコンセプトから生まれている…というのはちょっと言い過ぎでゲームと書籍でいえば実際はゲームの方が先にきているみたいだが、少なくとも当初からウソをつくキャラというアイディアから始まっている1)外來韋編参 7-11.。文はダブルスポイラーで、あからさまに捏造をよしとする思想を見せる。それは「東方の書籍は真実を語るとは限らない」という思想が大元にあるからで、ある意味その後の妖怪の価値感全般にも関わるものになっている。

で、東方文果真報は文の雑誌という形式をとっているが、”Alternative facts in Eastern Utopia”というサブタイトルでも分かるとおり、この本はトランプの大統領就任の顛末の時代性を露骨に反映している(それと文春砲)。移民がどうこうネタ自体もある意味では東方にとってもタイムリーなネタではあるけれど、冷静にかんがえれば幻想郷への移民なんて今までも幾らでもあったし。

今回の本は、「真実を語るとは限らない」という東方書籍の基本性質を、時代性と、都市伝説騒動という二つの流れを反映するように作られていると思う。

今回の本のキモはいろいろあるんだろうけど、「時事ネタがやたらに多い」ことであり、そしてその意味するところは「リアルタイムに幻想郷に外の文化が入ってきて、ラグがなくなっている」ということじゃないかと思う。とくに香霖堂にスマホやタブレット、VRゴーグルなど最新の機種が入ってきていることが強調されることが大きい。

また、この本では文によってウソが多いことが自己申告されてるというのも珍しいわけだが、取り上げられた中に、実際にウソをついているキャラがどうにもいるような印象を受ける。とくに正邪の記事、正邪が本物の打ち出の小槌を手に入れたという話は十中八九ウソだろう。それが都市伝説を呼び込む可能性がある。作中作としてアガサクリスQの「MはMで死ぬ」というネタ小説が書かれているが、この意義はおそらく、フィクション内でウソをつくキャラがいるという多重のウソ構造を示唆してるんじゃないかなと。

もっと言うと、何故ここまで「ウソ」というものがクローズアップされるのかといえば、幻想郷で今ウソをつくことは都市伝説として自己実現の畏れがあるからだ。都市伝説騒動は未だに終結していないことは、PS4深秘録のうどんげシナリオでも再三語られているし、このことはヘカーティアも警告していることである。捏造記事はサグメの能力で自己実現されてしまう危険性があるいうわけだ。しかし実のところ、ヘカーティア自身がウソをついている可能性もある。永琳はPS4シナリオのエピローグで「月の民は関係ない」と態度を明らかにしている。永琳の言うことが正しくて、ヘカーティアがウソをついているという根拠もないわけだが、その逆もないとはいえない。月の民がウソによって何かをしようとしている…という都市伝説騒動自体もウソかもしれないわけだ。

なのでこの本は多重にウソをついている可能性を考慮したほうがいいだろう。

その他ぼんやり思ったことを箇条書き

  • 針妙丸は急流下り競技とかしてるらしい、表彰台にはのらないくらいだって(p16)
  • 霊夢と近しい妖怪は、神社宴会連合らしい(p21)
  • 華扇は結構霊夢を評価しているらしい(p24)
  • スマホやVRゴーグルやAIBOなどが普通にはいってきてるらしい(p26)
  • 女子十二楽坊パロで女子二楽坊らしいが、古いなぁ(p28)
  • DHMOネタと水素水ネタのあわせネタ(p35)
  • 蛮奇の首って実際にろくろにもなるの…?とぶんじゃないの?本体の首はのびるの…?謎 (p36-37)
  • ダンゴに砂糖ネタ、じつはこれを神子が啓蒙してたということであとで繋がる(p39)
  • 神子の本当は甘い物に気を付けろという講演が妖怪にありがたいのは、人間の健康のためという意味で繋がる (p44-48)
  • なおかつ、妖怪も甘い物たべたいから人間で食べ尽くされるのがいやだという話
  • 絶対数が足りないのはお菓子のことだったわけだ
  • 雷鼓が参加した楽団はホリズムリバーらしい(p52)
  • 本物の打ち出の小槌がどうこうの下りは話がモトからややこしい…(p55)
  • てかこれ、正邪が勝手に言ってることは事実だと思うので、憑依華参加フラグなんじゃないだろうか
  • つまり打ち出の小槌の存在が都市伝説になってるということ
  • 椛を実験台扱いしてるあたりが文の性格でてる
  • MはMで死ぬは魔理沙は巫女で死ぬって意味だろう
  • ところでこの小説、なんか中学生みたいなノリ
  • 袋とじ、普通にパンチラするのか
  • 天狗の座談会、椛という体なのだと思うんだけど、しゃべりが普段の他のと違って二次的
  • ドレミーのこれ、夢の中にでる男「This Man」ネタすね(p83)
  • そして、ドレミーの都市伝説フラグたったね
  • サグメは普通に永遠亭にいりびたってる?らしい?(p84-87)
  • 清蘭・鈴瑚のだんご売りの記事、これが神子たちが必死に講演してる話に繋がるのかな(p89)
  • ZUNって「恋するフォーチュンクッキー」もしかして好きなのかな、サグメの曲もタイトル似てるし(p94)
  • そして絵はなぜか恋ダンス
  • 幻想郷に寿司あるんだな (p98)
  • 死の運命は変えられないなら何のための予報なんだろうか(p99)
  • それはともかく、神社の近くが危ないというのは何か意味あるんだろうか?
  • メディスンの弾幕は単なる毒なのか…
  • 万歳楽はいまでも河童に変われてるんだな(p102)
  • レミリアのことをカリスマ溢れると明示してる(p103)
  • 響子は時間外労働が月に140時間だとか(p105)
  • 菫子は小さい頃に三日間、神隠しで幻想郷にきていたらしい(p108)
  • 相変わらずカセンちゃん呼び(p110)
  • マミゾウのことはマミさん呼びらしい(同上)
  • やはりドレミーが今後関係するんじゃないか、「夢の世界に住むあの妖怪なら」の霊夢の言葉 (p111)
  • 霊夢は何気に菫子にやさしい「気を悪くしないで」「内心楽しんでいるから」(同上)
  • 菫子は幻想郷のことをSNSで発信しまくってるらしい(同上)
  • ヘカーティアは今も地獄に住んでいる(p112)
  • 地獄は悪人の厚生施設というだけでなく、荒くれ者の集まりでもあるらしい
  • 旧地獄は、地獄の閻魔や鬼神らによる組織化を嫌ったものたちが残った場所らしい(p113)
  • ヘカーティアが幻想郷にきたのは魅力的だったから
  • 魅力的といえる理由は、排除ではなく迎合することで敵をつくらないから(p114-115)
  • ヘカーティアは逆に全てを受け入れず他を見下す月の民は最悪だと考えている(p115)
  • ヘカーティアは、月の民が文を利用してる可能性があると考えている
  • ヘカーティアは、事実をねじ曲げて具現化する能力者が幻想郷を乗っ取るつもりという疑いを未だもってる
  • ヘカーティアがクラウンピースを幻想郷に済ませたのは、マジでクラピの幸せのためだった(p116)
  • わよんっていった
  • クラウンピースは妖精に限らず全体でも実力は高い方(p117)
  • ヘカーティアは地獄の管理者側にははいってない、独立している
  • そして超強い(自称)らしい
  • ヘカーティアがいるから地獄から攻め込まれることもないだろうとする
  • 最後の匿名希望のお便りは自作自演なんだろうな (p118)
  • 幽々子の大食いネタみたいなのがある(p122)
  • やっぱり妖夢が料理してるらしい
  • アレのお肉って言い方は多分人間かな
  • 型落ちでも幻想郷に入ってくるらしい(p124)
  • 多分第一世代Nexus7だと思う(p125)
  • 浴槽の写真をみせながら、これが天狗の「一杯」だそうな (p126)
  • なぜか捏造のネタばらしがある (p131)
  • 神子はお菓子の食べ過ぎに気を付けようという講演をしていたらしい (p132)
  • 花果子念報への敵意がすごい (p137)
  • 文は花果子念報が進歩的と認めてる(!) (p138)
  • 発売中止にいたった最大の理由はヘカーティアのアドバイスによるらしい
  • やはり事実を改変する能力者は、サグメであってたらしい(p139)
  • 「作り話だとわかっているからこそ具現化する」が都市伝説能力の本質なんだとか
  • 文が捏造かいてしまったのはサグメや月の民のせいにきまっているらしい

References   [ + ]

1. 外來韋編参 7-11.
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です