投稿日:

ドラえもんが武力を背景にした交渉を肯定してるイメージがばらまかれてるが

Twitterに限らない話だけれど、Twitterはデマの応酬が本当にひどい。基本的には自分が知らない人の、ソースのない意見にはなるべくなら反応しないほうがよいのだけれどこれは本当にどうにもならない。

(ご本人に「そういう意図ではないつもりだった」と説明されたので直接ここにあげるのは控えるけれども)つい最近も、ドラえもんのあるワンシーンをもって、軍事武装は交渉のために必要なことなのだと、安全保障の話に絡めるようなツイートが大量に拡散されていた。いやぁドラえもんさすが深いですねと言いたげなリプライが大量についていた。

だけどそれはどー考えても、読んだ人ならおかしいとわかる上げ方をしていたのだ。

で、その話が出てきたのには経緯がある。

続きを読む ドラえもんが武力を背景にした交渉を肯定してるイメージがばらまかれてるが

投稿日:

X-keys + shuttle Pro2 が素晴らしい

以前から勝手に押してたX-keys jog&shuttle(以下X-keysJS)であるけど、メインは未だにロジのG13から変えられない日々を送っていた。まぁ実際のところスティックでの入力って案外楽だってところがあったのだ。もう一つX-keysJSには大きな欠点があって、ジョグホイール部分に指を引っかけるところがなくて、微妙につかいづらかったのだ。
だがなんと、あのジョグホイール機構では最高峰といえたShuttle Pro2のジョグホイールと、差し込み口が全く同じことが判明!ためしにつけてみると
lefthand03.png
おおおお
使いやすい
めちゃくちゃ使いやすい!!
Shuttle Pro2のあの指のかかりやすさ、X-keysの自由なボタンのリプレイス、両方があわさり最強に見える。
見えるというか本当に使いやすい。この配置なら親指と人差し指の中間にあるので、指の移動量も最小に抑えられてストレスがない。
ちなみにPowermateのツマミ部分も、何気にサイズはぴったりおなじなので、元のX-keysJSのジョグ部分に両面テープではっつけることで再利用できたりする。ただジョグ部分を若干浮かせないと、下のシャトル部分が指に引っかかったりしてややまわしづらいが。
何にせよ、ドライバが比較的安定してきたのもあって(比較的で、確実ではないが)正直これ以上の使用の左手補助入力って考えづらいレベルに改良されたと思う。しかもこれは左利きの人でも使えるぞ。みんなも買おうね!

投稿日:

左手補助入力の「ホイール」はそんなに優れていない

左手補助入力(スマスク、G13、nosotromo、orbweaverなど)においてホイールの搭載の有無は大変な関心がある。orbweaverなどはnosotromoにくらべてホイールがないなどによって、絵描きから人気を失ったという印象もある(Razerからしたら絵描き需要などしったことではないだろうけど)。その使い道の多くは、おそらくキャンバスの拡大縮小がまずあるのが大半だろう。場合によって、筆のサイズ、透明度、レイヤー移動、キャンバス回転等に割り当てる。

だが思うのだけれど、ホイールって何より一番に欲しいというほど優れてるか?

これには大分疑問がある。

理由は簡単で、キャンバスの拡大縮小や回転などを考えたときに、ホイールは基本的には1カウントずつしか入力されないので、入力の強弱を調整するのが面倒なことだ。ちょっとだけ拡大したいとき、ちょっとだけ縮小したいときには1カウントずつ拡大縮小が打てるホイールはとても便利だと思う。だが一気に大きくしたいときには、ものすごくはやくホイールをまわさなくてはいけなくなる。

これは単純に疲れる。

また、ホイールには「押しっぱなし」がない。つまり目的の結果になるまでは回し続ける必要がある。これも無駄な動きでしかない。

もちろんこれは対策はできる。たとえばクリスタならそもそもCtrl+Spaceでペンを使えば大きく拡大縮小ができる。また、ちょっと工夫すればそもそも別のボタンに大きい/小さい拡大縮小を割り当てるとか、ボタンを押しながらホイールをまわすことでカウント数を変えるとかいろいろできる。

でもそんな使い分けをしてまでホイールに拘る意義ってなんなのだろう?

数値変更系の入力機構って、案外複数の需要があって、「1カウントずつ入力できるもの」と「強弱をつけられる入力機構」と「押しっぱなしで入力できるもの」の三通りが必要になる。

この三つを一つの機構で全部叶えるのは結構むずかしくて、実は感圧キーなどがそれに近いんじゃないかとは思うけども、現状ではそういうものはない。

ジョグシャトルは二つの機構でこれを擬似的に解決してるので案外近いが、ジョグシャトルはストロークの指の動作が大きくなりすぎるという欠点もあったりする。スティックは指一本で良いし2軸以上を扱えて案外悪くなかったりするが強弱や1カウントずつというのは難しい。

いずれにせよ、ホイールは絶対の解ではないと思う。