投稿日:

デジタル絵はブースト、ドーピングなのかって話だけど

なんかやたら最近出回って、何度目だよこの手の話ってのがRTされてるが


これもともと今年の4月くらいにはbotに拾われてるツイートなので今さら話題になってる意味もわからないが、一番よくわからないのはこれを「便利な技術を縛ることを否定するなら、お前も○○するな!」みたいな逆上的に捉えてる人が多いことだ。

え、そういう話これ?

もちろんこのツイートの文面見る限り、誰が見たってデジタル絵に対する疑義というか悪意がにじみ出てるのは否定できないし、ブーストあるいはドーピング的な技術に過ぎないという風に難癖つけてるようには見える。

でもまず第一に、別にアナログ絵はこれを対立軸にしてないというのを考えて欲しい。これは「ある種の」デジタル絵に対して言ってるにすぎない。たとえば僕の前の同人誌の表紙では乗算レイヤーやオーバーレイやスクリーンレイヤー、当然水彩境界は使ってない。ただCMYKを通したりするのもあって色調補正は若干使ってはいるし、背景はクリップスタジオの素材を使ってるのでテクスチャといえばテクスチャではある。その程度と言えばその程度なので、使わずに描けといわれたら不可能ではないと思う。しかしそれって別に縛ってるとかじゃなくて、単にそういう画風だからって話にすぎない。そうしたから偉いとか偉くないとかそういうわけでもない。

要はこれ、ブーストとかドーピングとかじゃなくて、単なる画風の話でしょう?

実際、これ縛ったって上手い人なんてそこら中うじゃうじゃいると思うよ。

「アナログでかけ」とも「編集行為一切の禁止」ともいってないじゃない。よくわからないのは、このツイートに対してなぜか文明や利便性の否定みたいなことを言ってる人が多くて、このツイートに対する逆上として「だったらお前も手書きで文章をかけ」だとか、ひとによっては「砂場に指でかけ」とか、文明行為一切を禁止せよみたいなことを言い出す

それって違うんじゃない?自由変形も移動もレイヤーの利用も反転もアンドゥもしばってないんだよ?

デジタル絵が、特定の技術で劣った人に「ドーピング」的に見栄えの良さを与えることがあるかといえば、そういう面はおそらくあるだろう。出来ればそういう地の力(という言い方は問題があるけれども)とされるものも成長できるなら、そっちのがいいよねって話も、何もおかしくなく普通のことだと思う。

ここで言ってるのはデジタル編集どうこうじゃなく、「特定の界隈のウケるデジタル画風」というものに依存しただけでウケることに対しての批判であって、別に文明全般に対する否定とかそんな話じゃ全くないと思う。

なのに文明批判かのように捉えて逆上してるのは、正直デジタル絵師とされる側に、自分たちが実力ブーストしてるって自覚が少なからずあるからじゃないかって気がしてしまう。自分たちで自分たちが一番、何かズルしてるかのような勘違いをしてるから、勝手に逆上しちゃうんじゃないの?そんなことないんだから安心してほしいんだけど。

おそらくデジタル絵師(とその協調者)の言い分は、「デジタル絵の画風はそういう一つの技術なんだから、それ自体を簡単な誤魔化しとする方がおかしい!」と主張するだろう。もちろんそれはその通りだと思う。しかしそれとは別の、その画風以前の実力というのだって普通に存在するし、それとこれとは背反しあうようなものじゃない。歌だってエフェクトかけたりピッチシフトしたから悪いわけじゃないが、ライブで生歌うまいほうがそらーそっちのがいいよねって思うのは普通のこと。どっちかが偉くてどっちかは正しくないとか、そんなことを言ってるわけでは全くない。

悪意あるツイートでいやだね、下品だねってくらいならともかく、これに逆上してる人らの反応ほとんどが的外れだと思うんだけどなぁ

デジタル絵はブースト、ドーピングなのかって話だけど」への2件のフィードバック

  1. まぁこのツイートした人は「デジタルの機能を使わなくても良い(かどうかは不明だが)が描ける私すごい」
    って考えてると思います
    至極どうでも良い

  2. デジタルってただ単に時短の術でしかないと思う。
    アナログでもデジタルでも完成した絵が全てよ。
    他人に受けるか受けないか、本人が描きやすいかどうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください