投稿日:

[AHK] キーボードのチャタリングを修正するコード

需要がありそうなのに意外とみないので一応あげておく。

$a::
    If (A_PriorHotkey = A_ThisHotKey && A_TimeSincePriorHotkey < 70){
    }
    else{
    Send,{a}
}
return

ポイントはちゃんと$マークをつけてフックすることで、これをしないと循環になってしまって機能しない。

チャタリングをキャンセルする常駐ソフトもあるが、あれは特定のキーだけ指定して止めることができず全てのキーに適用するので、AHKをつかっていると干渉して不便だと思う。

投稿日:

東方の誤解されてそうな設定

もちろん自分もクソニワカなので誤解は多いと思うが、よく勘違いされてそうな設定を並べてみることにする

サグメは言ったことと逆の事が起こる

これは紺珠伝が発売された直後に散々いわれたことなので勘違いしてる人は意外と少ないかもしれないが一応。おまけtxtによると

何らかの事象に対して(特に関係すると思われる人物に向かって)口にすると、その事象は逆に進み始めるのだ。

とある。つまり発動条件はあくまで「サグメが口にする(言及する)」であって、言った内容の真偽がひっくりかえるという話ではない。わかりやすく言うと、たとえば去年みたいに誰がみてもソフトバンクが優勝すると思われるときに、ソフトバンクの選手にむかって「今年は優勝ですね」といおうが、「優勝できるわけがない」といおうが、優勝できない運命に転がってしまうというわけだ。

ただし…サグメの放った月の石は都市伝説というウソを現実化する力があり、「それって結局USO800じゃん」という感じはする。あと、上の設定はわかりづらいので二次創作では真逆がおこるってネタにするのは、僕個人はありだと思う。

橙は紫や藍と一緒に住んでいる

これはまちがい。

求聞史紀によると、橙の住処は妖怪の山であり普段は式神ではない(式神状態でなくても姿は変わらないらしい)。藍に遣われるときのみ式神がやどる妖怪猫として動く。普段は八雲一家として過ごしているわけではない。

慧音は大昔から寺子屋を開いていて、里の人間は爺さんの世代まで慧音に教えて貰っている

最近教えて貰ったけどこれも明確にまちがいらしい。文花帖で慧音の記事は「第百十七季(2002年)」とある記事に、歴史の学校を開くことを考えているという趣旨の発言がある。おそらくこれが「慧音は寺子屋の教師」という設定の初出であり、実際に寺子屋を開いていることは求聞史紀で確認ができる。つまり寺子屋で教えているというのは幻想郷の歴史においては少なくとも2002年以降ということになる。永夜抄時点では人間の味方であり、歴史を作る能力を持つことしか説明されていない(永夜抄のときにはすでに寺子屋を開いている時間軸の可能性があるが、いずれにせよ設定がでてきたのはその後)。

ちなみに慧音が寺子屋を開いた理由はあくまで「歴史を知ることで、人間が妖怪を追い出そうとするようなことを考えないようにする」ことであり、人間と妖怪のバランスを崩してしまうことはお互いに大変なことが起こるからだとされる(そこまで幻想郷の妖怪と人間のバランスを知っているのに紫のことは永夜抄まで知らなかったのは妙と言えば妙だが霊夢すらしなかったんだから)。

ならば寺子屋で教えてる内容はあくまで歴史だけということになりそうに思える。しかし『東方鈴奈庵』第三巻、19話において、子ども達が障子にかかれた文章は授業で習ったことが描かれているだけだよと霊夢に教えて、「国語とかー算学とかー」と答えている台詞がある。どうやら少なくとも歴史以外も教えているらしい(また慧音以外にも大人が居るので、保護者や大人の生徒という可能性もないじゃないが、慧音以外にも教師がいるという可能性は高い)

メディスンの横にいる小さい妖精のような人形がスーさんである

これは絶対にそうだという話ではないが、彼女がスーさんでない可能性は高い。

「スーさん。今年のスーさんはちょっと咲きすぎかしら?」
「今年は飛ぶ鳥を落とす勢いで咲いている。スーさん少しやり過ぎね。」
「(今年の鈴蘭が長く咲き続けてることを指して)これだけスーさんが長持ちする事なんて、あり得ないんだからね!」

少なくともスーさん=鈴蘭のことを指しているのは間違いない。ただ、鈴蘭畑を離れても小町戦ではスーさんに呼びかけるような言い回しをしているので、鈴蘭の何かが何らかの形で付いてきている可能性があり、となるとひょっとしたらあの人形は鈴蘭の妖精か何かという可能性もないではない。

こころは表情がないだけで無感情ではない

実はこれは議論の余地がある。作中の多くでこころは明らかに愉快でハイテンションなキャラなのだが、心綺楼のおまけ.txtにはこういう記述がある。

実は、安定していると殆ど感情を表に出さない。
何事にも興味を示さず、お面が必要とされる時以外はただひっそりと付喪神をしている。
その為、暴走しているときの方が人間くさいという者もいる。

つまり、こころはむしろ本来は無口系(かはわからないが、たぶんそういうイメージの)キャラなのだ。おそらく最も素のこころの姿が見られるのは鈴奈庵に登場したときのものと思われる。ただ、深秘録ではお面を失っていないのに心綺楼とたいしてかわわらないテンションになっている。オカルトボールにあてられたせいなのか、感情を学び感情が豊かになってきたからなのかは不明。

はたてはタメ口キャラである

体面を繕う文の丁寧語のしゃべり方に対して、はたてはラフなタメ口調なキャラと思われてるきらいがある。実際文に対してや、自分のとった写真へのコメントは文よりラフな口調だが、実のところ(おそらく文以外の、たぶん天狗仲間以外の)他人としゃべるときは、意外にも文と似たような口調をとっている。求聞口授に掲載されている花果子念報に、妖精大戦争についての記事があるが

「そうね、もう妖怪花見はお開きしましたが……。あっちに力を持てあました奴が帰っていきました」

と、チルノに対して喋っている。しかも取材中ではなく、花見をしてるときにチルノから話しかけられてということなので、別にチルノに対して取材対象だからという態度としてこういった口調をしているわけではないだろう。なので案外、はたても文と似たしゃべり方をするときはあると思っておいたほうがいい。

投稿日:

[AHK]手の平ツールを二連打でキャンバス拡大縮小に

AutoHotKey関係の記事。

これはそこそこ需要あるだろうとおもうし、(スクリプトそのものは簡単なんだが自分はややこしい問題に悩まされたので)あとあと参照できるようにかきのこしておく。

「二連打で別のキーへの割り当て」はAutoHotKey定番なのでとくに珍しくはないんだが、一般に知られてる方法ではちょっとした問題がある。絵でつかう手の平ツールやキャンバス拡大縮小は、通常のキー操作とは違い押しっぱなししなくてはいけない。そして押しっぱなしというのは基本的に連打状態になっている。つまり、普通にかくと「押しっぱなししてるから連打状態なのか」と「実際にキーを連打したのか」を区別する必要がある。

なのでまず一回おした(あるいは離した)段階でフラグ(変数)を立てて、そのフラグからX秒以内に押されたと判断されたら二度押しのコマンドを実行するという形式でかく必要がある。三度押しも同様の仕様で出来るだろうが、三度押しなんてまず使わないだろうからやりたいなら自分でガンバレ。三度押しで保存とかならありかもしれない。

space::
if A_TickCount < %SpaceCount%
{
send,{Ctrl down}{space down} ;;ここに二度押しのコマンドを割り当てる。押しっぱなしならdownを併記
keywait, space
send,{Ctrl up}{space up} ;;押しっぱなしならここに対応したコマンドをupで併記
SpaceCount = 0
}

else
{
send,{space down} ;;ここに一度押しのコマンド。押しっぱなしならdown併記
keywait, space
send,{space up} ;;コマンドのupを併記
SpaceCount = %A_TickCount%
SpaceCount += 400
}
return

自分はスペースキーのような基本的なキーを汚すのはいやなので、homeキーなどに割り当ててるが好きにしてください。要するに、A_TickCount(OSの起動時間)に400ミリ秒を足した架空の変数をつくり、A_TickCountが+400ミリ秒より小さい間は二つ目のコマンドを実行するという形式になっている。見たらわかるか。SpaceCountのところは適当なので好きな名前をいれてね。

以下、ものすごく苦しんだ理由。

続きを読む [AHK]手の平ツールを二連打でキャンバス拡大縮小に

投稿日:

久々に記事更新

Twitterでばかり興味関心を述べているが、それってどうなんだろうと思う程度には今でも「古いインターネット利用者」だ。
要するにTwitterはアーカイブ化が(比較的)苦手だということで、リアルタイム性はあるがその分情報の価値も軽い。
逆にいうとブログというのはもはや今となっては情報の価値が「重すぎる」メディアだということがいえる。
そういうメディアは企業向けサービスとしてはまだ悪くないわけだが、個人向けの情報を見るメディアとしては不釣り合いだということになっている。
そりゃそうだ。何物でも無い人間の言葉をわざわざ見るためにクリックやタップするという挙動自体、面倒くさい。

キュレーションサービスで拾われることを望む世の中というのもなぁ。

今僕に興味を多少もってくれる人は、よほど僕とたまたま昔から縁がある人か、東方がらみの人のどちらかだろうから
僕がここでかいてることの大半はあまり興味をひくようなことじゃーあるまい。

別に「見られたい!」というほど強い願望が現状あるわけでもなくて、どちらかというとキーボードを無駄に叩くのが好きというのが
単なる実情だけど、そんなこんなで多少は今後も記事をかけたらと思う。
ま、ブログなんてそういう軽いスタンスで今後もやってくんだろう。

投稿日:

というわけでWordPressに移行

極めてらくちんに移行完了

デザインやら、Markdown記法への移行は追々

全然関係ないけど既存の記事がMarkdown記法で描いたときのままのこっている。どうすっかなーとは思うものの、「読めればいいでしょ」くらいの気分。どうせ大してここ読んでる人もいないんだし。関係ないけどATOMとかRSSはどうなってるんだろう?

投稿日:

Word Pressへの移行を本格的に考えてる

MTブログはセキュリティパッチが5.2系では行われなくなった。それにあわせ、6へ移行しようかと考えていたがバックアップがうまくいかないし、なんというか単純にめんどうくさいのだ。今後もアップデートのたびに「やれやれ」とおもいながらアップデート作業をやるのかと思うとアホらしくなってきた。

そもそも、別にMTブログにそこまでの思い入れはなかったのだ。脚注が使えるプラグインがあることと、静的生成なら表示が軽かろうというだけの理由で使っていたが、どうせここを見てる人も大しておおいわけではないし過度に気にするだけ無駄である。だったら、扱いやすいWordPressのがなんぼかマシというものだろう。ま、脚注プラグインくらいはどっかあるでしょ。

じゃあなMTブログ。また会う日まで。

投稿日:

moto360を買ったのでスマートウォッチについて考える 2

moto360_sample02.png
AndroidWearそのものや、moto360そのものは前回の記事参照。
スマートウォッチって結局必要だと思うか?といわれたら、少なくとも使ってる限りには現状「それはない」だ。新製品ではなく安売りの第一世代をわざわざ買った時点でわかるだろうが、あくまでおもちゃとして買ったし、その印象はやっぱりほぼ正しいと思う。つくりが安物かといえばそこまででもないと思うが、出来ることが数万円のレベルかといえばまずそれはない。

じゃ、今後「数万円出す価値があるものになるか?」ということなんだが…

続きを読む moto360を買ったのでスマートウォッチについて考える 2