Posted on 5件のコメント

性表現規制派に対して、「表現の規制反対派」が答えるべきと思われること

僕の立場は、「性表現の規制は絶対に反対だが、表現自由戦士は頭が悪すぎるし、表現の自由を守るという目的の現実の戦略性においても害悪」というもの。表現自由戦士とは、性表現規制派と喧嘩してる人達(≠議論してる人たち)への蔑称として使っている。

おそらく性表現規制派の主張の中心にあるのは次と思われる

「性的なイラストや作品等の拡散は人権侵害、差別にあたる」

ただし、存在そのものが許せないか、拡散しないかぎり(ゾーニングされる限り)には許せると考えるかは立場によって違いがあるだろうから、自分には不明だし代弁することは出来ない

差別に当たると(彼ら彼女らが)考えているであろう理由は、次を満たすからと考えられる

「現実に差別が存在し、存在してきた歴史がある場合、弱者への差別を『肯定的に享楽的に』描くものは、たとえフィクションであってもそれ自体が差別行為にあたる」

たとえば「ナチスドイツの蛮行を伝えるために、虐げられるユダヤ人を描くこと」は、享楽的肯定的な描出ではないために差別ではないが、「現代ドイツ人がユダヤ人を殴ることをおもしろがってそれだけ描く」場合、差別問題になる可能性は高いと思われる。
なのでこの理由そのものは、少なくとも性に関する問題以外なら成り立つ可能性が極めて高い。

表現自由戦士が応答すべきは二つの立場がありうると思われる

1.何の場合であろうが、そもそもフィクションである限り差別は成立しない。暴力を肯定する表現だろうが性であろうが関係ない。

2.暴力は差別に該当する可能性があるかもしれないが、性については該当しない

僕は1は厳しいと思うが、絶対にありえないとはいえない。
2が一般に規制派への反論として中心になると思うが、表現自由戦士は全くこれについて考えていない

ゆえに、これについてどう思うかを答えるべきだというのが俺の考え

Posted on 2件のコメント

「異世界アリス」について、いち視聴者目線からの解説

まぁクッキー動画なわけだけど、一応中身はクッキーそのものではない。投稿者名が蓮奈理緒だし、前作でNYNの真似とかやりまくってるし、養殖クッキーじゃないはずないんだけれどもクッキーそのものではない。

この動画、とにかくいろいろ凄いことになってるんだけれども、普通に見てると意味不明でしかない。実際、投稿から12時間で600程度しか再生されていないし酷評コメがついてる。だが正直、これ東方二次創作の中でも相当凄い部類なのでは?って思ってきたので、とりあえず意味不明にしかとれないであろうシーンや、東方としての意味を、僕が思うところかいておきたい

以下ネタバレ全開なので、まだ見てない人は一回みてから見てね

続きを読む 「異世界アリス」について、いち視聴者目線からの解説

Posted on コメントする

サグメの能力の解釈から二次創作を考えて見たい

※サグメの能力の解説を目的にした記事ではありません。一応解説も含みますが、それを知りたいだけなら他の方の記事が良いと思います

サグメの「口に出すと事態を逆転させる程度の能力」の解釈は東方界隈ではそこそこ話題になる。二次創作でよく使われやすい「サグメネタ」の多くは、やや理解が違っているということが言われやすいからだ。

続きを読む サグメの能力の解釈から二次創作を考えて見たい

Posted on コメントする

SSL(https化)したいがどうしたもんか

前々からだが、chromeがhttps(SSL/TLS)に対応していないサイトへの警告を強めている。いや、僕自身もhttps化への対応は前々からずっと考えていたわけだが、これがなかなか難しい。

実のところhttpsページ自体は存在する。Lolipopには共有SSLという無料で使えて自動的に共有SSLページを生成してくれてるサ―ビスがあり、たとえばこのブログの場合で言えばhttps://gloomy-gong.ssl-lolipop.jp/blog/に飛べば該当のページが見られる。どうだろうか、スタイルシートがばっちりきいていないだろう。

そりゃそのはずで、このwordpressはgong.gloomy.jpというロリポップのドメインで運営しているのでその前提で構成されている。

別にhttps側にあわせて再構成すればいいんだろうがなんだかそれもやだなぁ、と思って。単純にgong.gloomy.jpに対してgloomy-gong.ssl-lolipop.jp/URLの文字列が汚いなぁとかいう感情的に襲われる。となると…

独自ドメインにするしかない…

で、年間の出費はたかだか1600円程度で結構いろいろあるっぽいのだが、果たして「そこまでしてSSL対応しなきゃいかんだろうか?」という思いも在る。まぁこんなところ見てる人もいないだろうし。悩ましい。

Posted on コメントする

Orbital2についての簡単なレビュー ~将来性はある気がするのだけども

Makuakeというクラウドファンディングサイトで2017年10月ごろ紹介されていたデバイスで、Brain Magic社のOrbital2という左手デバイスがある。よさそうだと思ったので、僕も即座に金を突っ込んで、6月12日に手元にとどいた。3月に届く予定とのことだったが3ヶ月遅れたことになる。とはいえこの手のにしては早いとさえ思うので問題はない。ただし2万7800円というかなり高額な値付けはなかなかのもの。で、簡単にレビューしてみよう。

どういうデバイスか

Orbital2の写真

Orbital2は先にも描いたとおり左手デバイス系。左手といいつつ、左右対称なので入力補助といったほうがいいか。

左手デバイスには大きくわければ二つの入力系統がある場合が多い。一つは誰でもしってるがスイッチやキーで、単純に押すことによって何らかのショートカットを行う。もう一つはホイールやジョグダイアルなど、まわしたり捻ったりすることで入力の加減が可能なもので、僕は数値変更系とか呼んでいる。これは数値変更系にあたり、上の握り手の部分がホイールのように回転するようになっている(公式の呼び名はオービタルエンジン)。

有名どころだとPowermateや最近一般発売にこぎつけたRev-O-mateがあるわけだが、これらとの違いは何かというと「持ち手のレバーを傾ける方向によって、数値変更したい機能を変更できる」ということだ。

たとえば右に傾けると「キャンバスの拡大縮小」、下に傾けると「ブラシのサイズ変更」、上に傾けると「キャンバス回転」…などといった使い分けができる。Powermateであれば「普通にまわす」「押し込みながらまわす」によって二つの機能しかないところが、これは最大8方向に割り当てることが可能なので8つの数値変更が可能になる。

さらにこのスティックの周辺のベゼル部分も8方向のスイッチになっている(公式での呼び名はフラットリング)。

というわけで「8ボタン」のスイッチと、「8軸の変更可能なダイアル」のついたデバイスだ。

続きを読む Orbital2についての簡単なレビュー ~将来性はある気がするのだけども

Posted on コメントする

「二次創作作品利用の権利」をライセンス化したらどうなのか

ファンコミュニティで作られる二次創作作品のほとんどは、二次利用の権利をもっていない。権利的にはほぼアウトといっても良い。だが現実にはそういったものが多数存在しているし、その評価はさておいてファンのコミュニティは明らかに「ある程度までは」公共性が認められている。公共性とは要するに、「そういうものがあってもいい」という視線は一応、それなりには存在するということだ(認められないという立場があることも重々わかる上で)。

で、ここで問題なのは「二次創作作品はどういう形で利用許可が出せるのか」という話。というのも、たとえばキャラクターを使った創作であった場合、二次創作者はキャラクターの権利を持っていないので自分の作品を他人がどう利用するかの許可を出せないということがある。

続きを読む 「二次創作作品利用の権利」をライセンス化したらどうなのか