投稿日:

なんでみんなが「ニコニコは一切改善努力をしていない」と言ってるのかわからない

…ということを言ってたら否定的なリプも幾つかもらい、方々で逆張り野郎と嘲笑されてるので理由をかく。どうせ僕はJASRACのまわしものでありNHKのまわしものでありPixivのまわしものでありニコニコのまわしものである。

逆張り野郎と思うのは結構だし特に否定もしない。むしろネットの7割8割が嘘つきだと思ってるので、ただの逆張り野郎のが僕はマシとすらおもってるし、好きに言えばいいと思う。少なくとも僕は「ニコニコは改善努力をしていないというのはウソだろう」と思っているからこう主張している。

続きを読む なんでみんなが「ニコニコは一切改善努力をしていない」と言ってるのかわからない

投稿日:

タブレット用の改造・無段階キックスタンドケース

iPadPro10.5を買ったわけだが、キックスタンド/ケースをどうするかという問題に突き当たっていた。調べて見るとわかるが、iPadというケースが多い製品でありながら「無段階キックスタンド」を実現しているケースはほとんどない。スタンドがついてるのは極端な防護ケースだったりする。

続きを読む タブレット用の改造・無段階キックスタンドケース

投稿日:

自分のPCのSSDスピード記録

個人的な記録。

そろそろPCを新調するので、その前に各種ストレージのスピードの記録を貼っておく
使用したのはCrystalDiskMark 6.0.0 x64である。

外付けHDD

外付けHDDのスピード

3GbpsSATA時代のSSD(自分の初代のSSD)

自分の最初のSSD

6GbpsSATA時代のSSD(自分の二代目のSSD)

M.2のSSD(960Evo)

M.2SSDのスピード

感想

まぁそれぞれそんなもんかという印象というか、スペック通りな気がする。買った直後にとった記録は失ってしまったが、どれもそれほど遅くなったという印象もないので意外ともつものだ。

初代SSDは3GbpsSATA時代のものだった気がするので、まさにその時代通り。そして二代目も、6GbpsSATA時代のものなのでその通りという印象。

二代目はおそらく次のサブとして流用、今サブとして使ってる初代は恐らく引退してもらう感じになるかな。長らくお疲れ様でした。次のは960EVOなので3000MB/s近くでることを期待してる。

(追記)そして新マシンのM.2のものせといた。さすがにはやい、はやすぎる。電光石火という感じ。ライトが落ち込んでるのが気になるが960EVOだしこんなもんなのかな?

投稿日:

ClipStudioPaintのPCとiPad版のファイル同期について

大変めでたいことに、Clip Studio PaintのiPad版がリリースされることになった。月額制がきついとか、iPad一人勝ちがより強固になってしまったとか、まさかここまでPC版をなぞるUIと機能とはおもわなんだとか、いろいろな点はあるわけだけれどなにはともあれiPad版をみんなで楽しく使いましょうというわけで、ファイルの同期について。

せっかくPCの作業をiPadで続けたり、iPadから下書きをかいてPCで作業を続けたりという方法が現実的になってきたわけで、うまく作業ファイルをシームレスに同期できれば素晴らしいわけだ。その方法はCLIPそのもののクラウドサービスを使う方法と、外部クラウドサービスなどを使う方法があるので確認してみる。

続きを読む ClipStudioPaintのPCとiPad版のファイル同期について

投稿日:

今更ながらのTwitterとブログの違い

Twitterはマイクロブログというのが建前上の看板になっているが、現実にはみんなSNSだと思っていると思う。

で、TwitterやSNSとブログの違いというものはなんなのかといえば、簡単に言えばアーカイブ性だと思う。なぜSNSが急に勝ち組になったのかといえば、おそらくネットの黎明期から円熟期にかけて、検索で普通の人が欲しいと思える情報の9割9分はすでに出そろってしまったことによると思う。そうなるとわざわざ積極的に自分から検索して探す必要性というのはだいぶ減ってしまうというか、そんなに時間をかける必要はない。だから「受け身でも」情報が受け取れるSNSが台頭したんだと思うけれどどうでしょうか?

そんなわけでブログや個人webサイトというのは需要が大分昔から減ってきているのは事実だけれど、とはいえアーカイブというのは僕は大事だと思うのだ。どこかの誰かは未だに探している情報を、僕なんかでも持っている可能性はある。そう思うので在ればなるべくブログなどで残していった方が良い気がする。何かの記事を書くというのは、すこしでも世界の利便性に貢献することだと思ってる。とくに、個人の描いた記事というのはインターネットでは(通信量や接続量を払えば)基本的には無料なのだから、見る機会はそれなりに多い筈だと思う。

投稿日:

なぜ萌えキャラの顔を描くのは難しいのか

理由はおそらく二つある。

通常で俯きのような三角錐型だから

まず第一に、キャラクターはアゴが一点な上に、アゴが出ない形状なので逆三角錐のような形状をしている。それは通常でみると俯きのような形になっているからだ。

顔のパース通りの形状に頭部は対応していないから

頭部は顔が拡散する形状に対応していない。通常の立体構造を無理矢理のせるので、パースによって顔が拡散した場合乗せられなくなる